オリンピック、パラリンピック情報いろいろ!

風を味方に付け、見事オリンピックに返り咲いたウインドサーフィン!

 

 

 

 

 

 

2016年のリオデジャネイロ・オリンピック、

ヨット競技の種目の1つとして、

ウインドサーフィンのRS:X級が採択された。

 

 

 

 

このウインドサーフィンRS:X級に示されている、”RS:X級” とは、

ロンドンオリンピックで使われた、”艇種” を表しているが、

めでたくオリンピック競技として、

ウインドサーフィンが波間にソフトランディングするまでには、

ひとつ大きな風を乗り越える必要があった。

 

 

 

 

というのも、ウインドサーフィンが五輪種目となるのは、

ロンドン五輪までで、実は次のリオ五輪からは、

ウインドサーフィンに代わって、新たに、

『カイトボード』 が種目として採用されることが決まっていた。

 

 

 

 

カイトボードとは、カイト、つまり凧の推進力を使って、

ボードに乗った状態で、水上を滑走するスポーツだが、

日本ではそれほど普及しておらず、

それがオリンピック競技に採用されたことで、

日本のウインドサーファー界は大きく揺れた。

 

 

 

 

そこで、インターナショナルセーリング連盟(ISAF)の総会において、

日本セーリング連盟(JSAF)のメンバーが、

 

 

 

 

 

「多くの国々ですでにウインドサーフィンが普及していること」

 

「ウインドサーフィンのジュニア世代以降の、

選手育成システムが構築されていること」

 

「そこから輩出された五輪を目指す、

多くの若い選手の希望が失われること」

 

 

 

 

 

これらをを強力に訴えた結果、

カイトボードに決まっていた決定が覆され、

再び、『ウインドサーフィン RS:X級』 が。

オリンピックに返り咲いたという経緯があった。

 

 

 

 

カイトボードへの変更が決まった時、

五輪を目指すウインドサーファーたちはカイトボードを購入し、

練習態勢を整えていたようだが、

いまそのカイトボードはどうなっているのか?

風だけがその行方を知っている。