オリンピック、パラリンピック情報いろいろ!

スパッチコックからFM10、ダンスからスポーツへ名を変えて...

 

 

 

 

 

 

垂直の柱(ポール)を使った官能的なダンスで、

ストリップクラブや、ジェントルマンズクラブでよく行われている、

『ポールダンス』

 

 

 

 

これが今、オリンピックの公式競技を目指しているのを、

ご存知だろうか?

 

 

 

 

最近ではチャイニーズポールと呼ばれる、

より芸術的なポールダンスが舞台で公演されることも多く、

より高度な技や筋力、持久力が必要になってきている。

 

 

 

 

IOCで広報を担当する、マーク・アダムス氏によると、

ポールダンスがオリンピックの正式種目になるためには、

男女比や、地理的な広がり、ガバナンスなどの点で、

基準を満たさなければならないと述べた。

 

 

 

 

ポールダンスについては、まずは、

”スポーツとして広く認識される必要がある” と指摘した。

 

 

 

 

ポーランドのワルシャワで、先頃開催された、

『ポールダンス・カップ』 では、規定を求めるような動きはなく、

衣装の種類や小道具、ポールのまわりを旋回する、

”性的な演技” も、特に禁止されることはなく、

唯一、「衣類を全部脱いではいけない」 というのがルールだった。

 

 

 

 

現在、ポールダンスの世界大会で、

『スパッチコック』 という用語は使われていない。

 

 

 

 

スパッチコックとは、ロースト用に開かれた鶏をあらわす言葉だが、

大会では、『FM10』 という公式名称が使われており、

これも、ポールダンスをオリンピック正式種目に、”ふさわしい競技” に、

変えようとしている表れである。

 

 

 

 

さらに大会の主催者は、ルールブックを作成し、

規定の動きにコード名を付け、採点方法も明記した。

 

 

 

 

取り外しできる衣装など、ポールダンスに付きものの要素は禁止。

 

 

 

 

そして、『ポールダンス』 から、『ポールスポーツ』 という名称に変更し、

これを浸透させたいと考えている。